帰宅ランにおすすめのバッグは?Fastpack15、クロスランナー15のレビューや評価、使ってみての感想

普段ランニングを趣味にされている方も走る時間を確保するために色々な工夫をされていると思いますが、時間の使い方として一番おすすめなのはやはり帰宅ランですよね。

ただ帰宅ランをするためには荷物や着替えを持って走らないとならないので、帰宅ラン用のバッグが必要です。

この帰宅ランにおすすめのトレランバッグがあったのでご紹介したいです。

帰宅ランで以前利用していたのは

以前は、帰宅ラン用にはモンベルのクロスランナーを利用していました。

このクロスランナーですが、何がいいって、コスパが最高なんです。

クロスランナー15の価格は税込9300円。

1万円超えが当たり前のトレランバッグの中では驚きの安さです。

このクロスランナーの15という商品がそこそこ荷物が入り、バッグ自体の重さも軽く帰宅ランにはちょうど良い大きさなのですが、帰宅ランだけでなく、当然トレランにも利用できます。

クロスランナーに付いているポケット類もちょうど良い大きさで、自分はハセツネやトレニックワールド100kなどのロングレースでもこのクロスランナーで参加しましたがとても快適でした。

本格的なトレランにこんな安いバッグで大丈夫かなという思いもありましたが、実はこのクロスランナーはトレイルランナーに愛用者も多く、大会に行くと結構な利用者が多いんです。

帰宅ランに必要な要素

帰宅ランで利用していたのでほぼ毎日のように利用していたところ、3年ほどの利用で背面のコンプレッションコードを留めている部分が摩耗で破れてしまいました。

直しながら利用していたのですが、これを機に新しいバッグにしようと色々調べてみました。

クロスランナー15も購入当時のものからモデルチェンジ、マイナーバージョンアップをしていて、さらに使いやすくなっているようでしたので、当然クロスランナーを購入しようかと思ったのですが、利用していて1点だけ不満な点がありました。

それが荷物の出し入れです。

おそらくトレランという使い方であればそれほど気にならないのですが、帰宅ランだと意外と荷物が大きいんですね。

特に冬場です。

その日に着ていたものを入れて帰ってくるのですが、

・ジーンズ

・Tシャツ

・トレーナー

・アウター

ですでに荷物がパンパンになります。

クロスランナーでも入らないことはないのですが、バッグの開口部が意外と狭く荷物が入れにくいのです。

トレランバッグではかなり有名なサロモンのS-LABも使ってみたのですが、これは体へのフィット感は抜群なのですが、大きな荷物の出し入れが非常にやりにくく、これは帰宅ラン用にはちょっとNGでした。

サロモンはキリアンジョエルが利用しているということもあり、見た目もかっこいいし憧れるんですけどね。

Fastpack15

もう少しガバッと開いて荷物の出し入れがしやすいものはないだろうか?

冬の大荷物でも入るようなバッグがいいのだけれども、あまり大きすぎるのも使い勝手が良くないので大きさ的には15リットル程度の容量のものが最適。

この要望を叶えてくれるような商品はないだろうか?

そう考えていろいろ探してみました。

そして行き着いたのがこちらです。

[アルティメイトディレクション]ハイドレーションバッグ FASTPACK 15

トレイルランニング界では超有名なUltimate Directionの製品です。

Ultimate Directionは伝説的なランナーであるスコットジュレックが開発に参加していることでも有名で、そのバッグの信頼度もとても高いものがあります。

今回、おすすめしたいこのFastpack15ですが、見ての通り、背面に大きなジッパーが付いていて荷物の出し入れが簡単にできるのです。

しかもそれだけではないんです。

この開口部がこんな感じでガバッと開くんです。

写真でみてもわかるように、開口部とジッパー部分が大きく開くようになっているので、荷物を入れる際に非常に楽なんです。

さらにハイドレーションをいれることができるのですが、そのハイドレーションを入れる部分にノートPCをいれることができます。

MACの13インチでも入ったので大体のノートPCを入れることができるのではないでしょうか?

Fastpack15のレビュー

走ってみての感想ですが、荷物をいれてもバッグ自体の揺れも少なくとても快適です。

体へのフィット感もとても良くさすがにUltimate Directionだなという感じです。

荷物の出し入れはかなり楽です。

開口部が大きく開くので、荷物の出し入れで困ることはないという感じです。

またハイドレーションをいれる部分とジッパーがついたポケットがあるので、細かいものを入れておくこともできます。

前側にはスマートフォンをいれることができるポケットやドリンクをいれることができるポケットもあり、短めの帰宅ランから長めの帰宅ランまでをすべてこれひとつでカバーできます。

ただ1つ問題があって、Fastpack15の背面に荷物が背中にごつごつ当たらないようなクッション材が入っているのですが、これが結構な硬さで折れ曲がらないようになっているんです。

クロスランナーはクッション材がなかったので、くるくるっと丸めてカバンにいれることもできたのですが、Fastpackはそういった使い回しはできなさそうです。

また洗濯するときにもバッグが小さくならいので小さな洗濯機だと洗濯しにくいかもという感じです。

このクッション材を取り出すことができればよかったのですが、どうも外れなさそうなのでその点だけちょっと不満な点があるのですが、それ以外に関してはこれほど帰宅ランに適したバッグはないかもしれないなという感じです。

興味を持たれた方はぜひ一度お店などで触ってみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で